image

福岡天神に佇む警固神社の本殿に並び、お鎮まりになられる今益稲荷神社。朱い鳥居を抜けた先に、笑った顔のお狐さまがお出迎えしてくださいます。

お狐さまは、五穀豊穣の神「宇迦うか御魂みたま」の使いとして神様に寄り添い、人々を見守り続けてきました。

お詣りに来られる方は、福運が舞い込むようにと、お狐さまを撫でていかれます。いつしか「笑いきつね」と呼ばれ、みなさまに親しまれてきました。

しかし2015 年4 月、四体のお狐さまの石像が壊されるという事件が起こりました。私たちは一日も早く復旧を願い、そしてみなさまの励ましの声も頂戴し、また元通りお座りいただくこととなりました。

これからも末永く、お詣りされる方々の思いをお受けし、人生を、商売を、今を、益々豊かにする今益稲荷神社です。

image

御祭神・御由緒

今益稲荷神社では、京都伏見稲荷大社のご祭神である「宇迦之御魂神うかのみたまのかみ」をお祀りしています。

古くは筑前国続風土記の警固神社絵図にも、今益稲荷神社の佇まいが記されています。

宇迦之御魂神うかのみたまのかみ」は、農業商業だけではなく、広く衣食住の神さまとして今なお人々から崇敬されております。

image

笑いきつねとは

拝殿前に連なる鳥居と列を同じくして、四体のお狐さまの石像があります。お詣りに来られた方を最初に迎えてくださるお狐さまは、邪悪を祓う険しい表情ですが、拝殿前の二体のお狐さまは、それぞれが笑い、そして微笑んでいらっしゃいます。

慈しみと心安まるお迎えをいただき、みなさまの心願をお聞きになられます。

imageimage

祈願・授与品

今益守り

今益守り

笑いきつね手ぬぐい

笑いきつね手ぬぐい

笑いきつねみくじ

笑いきつねみくじ